Lag Mat

カーペットを敷くだけでメリットが沢山あります

ソファのある部屋

部屋のリビングなどに敷くカーペットには、メリットが沢山あります。1つ目のメリットは、敷いてあるだけで部屋の中をお洒落な雰囲気にできるということです。カーペットにも沢山の種類があり、部屋の空間に馴染みやすいベーシックな色から、柄物のカーペットまで様々です。カーペットは置いてあるインテリアを引き立てる役割も持っているので、部屋の印象を変えたいと思っている時に使用すると模様替えをしたような効果が出るのでオススメです。
2つ目のメリットは、防音効果があるということです。マンション住まいの場合、床の上に直接物を落としたときと、カーペットの上に物を落とした時とでは下の階に伝わる音が全く違います。カーペットには音を吸収できる効果があるので、カーペットの上で物を落とした時の方が音は伝わりにくいです。
小さなお子さんをお持ちのご家庭なら、部屋の中を走り回ったりするお子さんの足音などが下の階に伝わっていないか?など、気になることもあるでしょう。そんな時にカーペットを敷けばおけば、防音対策にもなるので安心です。3つ目のメリットは、床を傷つけにくくする効果があるという事です。フローリングの床などに一度付いたキズをもとに戻すのはなかなか大変です。フローリングを綺麗に保つ為にも、カーペットの使用をオススメします。

カーペットのお手入れ方法を簡単にご紹介

毎日頻繁に人が出入りする部屋にカーペットを使用していたら、毎日お手入れすることが大事です。お手入れしなければ、カビやダニの繁殖が考えられますので、衛生的にも身体にも悪いと言えます。毎日掃除機を使ってカーペットのお手入れをするだけなので、簡単に取り組むことができるはずです。カーペットを掃除機でお手入れする時は、逆目にかけるとゴミやダニの死骸などをよく吸い取ることができるのでおすすめします。
上から押さえつけたり流れに沿って掃除機をかけると、隅々までゴミを吸い込むことができないので注意が必要です。掃除機をかけた意味がなくなるのを防ぐために、逆目にかけて綺麗にしましょう。また、換気することも重要になります。湿気はダニの繁殖やカビの原因となります。天気がいい時は必ず風通しを良くするように工夫して、カーペットの裏側にも風が通るようにしましょう。
小さいカーペットの場合は、干すところがある場合天気干ししても良いと思います。干す場所がなかったり、干しにくいカーペットの場合は、イスなどにカーペットの端をかけるなどして、カーペットの裏側にも風を通してあげてください。風を通したり天気に干した後に掃除機をかけると、ホコリもよく取れますし、ダニの繁殖を防ぐことができるので効果は大きいです。

カーペットは比較的お手入れも簡単でお部屋の模様変えにもピッタリ

カーペットとは元来はじゅうたんやカーペットと同義語なのですが、現在の日本ではじゅうたんのように部屋全体に敷き詰めるのではなく、一部分に敷く小さなじゅうたんのようなものを指すことが多いようです。また素材や材質、見た目も、じゅうたんやカーペットと同じものから、触った感覚が冷やっとする冷感素材、見た目が木目調のカーペット、形が円形のものなど様々なものがあります。小さなカーペットですと、敷き変えるのも楽なので、部屋の雰囲気を手軽に変えたいときにとても重宝します。
なかにはリバーシブルなものもあり複数枚のカーペットを用意しなくても一枚で2通りの雰囲気を楽しめるカーペットもあります。もちろん、部屋のインテリアとしてだけではなく、カーペットの上にテーブルや椅子を配置することで、じゅうたんやカーペットの持っている床をダメージから守ることや、騒音の防止の役割も果たしてくれます。
しかも、じゅうたんやカーペットほど大きくないカーペットですと、素材によってはクリーニングに出す必要なものもありますが、家の洗濯機でジャブジャブと洗えるものも多いので、衛生的な状態を保つのも比較的楽にできます。また防菌、防ダニ効果や、はっ水性のカーペットもありますので、小さなお子さんがいらっしゃる家庭でも安心して使えます。このように、非常に使い勝手がよいので、現在ではじゅうたんやカーペットよりカーペットを選ぶ人も少なくないのです。

menu

TOP